便利な不用品買取りサービス TOP > コンテンツ一覧 > リサイクルショップと質屋の違い

リサイクルショップと質屋の違い

不用品買取りをしてもらおうと思ったら、一般的に2択の選択肢があります。
リサイクルショップと質屋です。これら2つの中から最適な方法を選ぶことになります。
目的によっておすすめできる買取り方法は異なりますが、まずは買取りしてもらう前にこれら2つの何が違うかをまとめておきましょう。

リサイクルショップの場合は、不用品というものならある程度なんでも買取ってもらえます。家具でも電化製品でも家の中にある不用品の多くを現金化できます。しかしリサイクルショップで買取ってもらった商品はすぐに店頭に並びますので、やはり必要だったと思っても返ってくることはありません。

対して質屋の場合は主にブランド品を現金に換えてもらいます。家具や家電を買取ってもらうことはありませんので、リサイクルショップの方が幅は広がります。また、あくまで商品の代わりに一時的に現金を借りる名目になります。返済ができるようならお金を返して、商品をまた返してもらうことができます。
しかし、返済が義務づけられている訳でもないので、商品さえ諦められれば現金をもらうことができます。

不用品を買取ってもらうという意味ではリサイクルショップの方が向いていますが、不用品の代わりにお金を得る、という目的なら質屋でも良いでしょう。

    必見!お勧めWEBサイト

  • モノクロ冊子の印刷の仕上がりに信頼が置けるオンライン印刷サイトを探している方におすすめの冊子印刷専用の注文ができるサイトです。印刷のクオリティが高いので多くの人がリピーターになっていることもかなりの評価ポイントで、見積もり・注文までの流れがサイトだけで簡単にできてしまうところも利用しやすいです。印刷のクオリティが心配であれば事前にサンプルを見せてもらうこともできるので、仕上がりまで納得した上で注文することができておすすめです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 便利な不用品買取りサービス All Rights Reserved.